« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

2018-08-24

アナログ盤を聴いてみた・・・・・いく時代かがありまして

1900円で買ったプレーヤですが、おかげさまで順調に動作をしています。と、いうことで聴いたアナログ盤のお話。 今回、聞いたのは「おときさん」こと加藤登紀子さんの1975年に発売された「いく時代かがありまして」ポリドール MR5070。 

ネットでみると、1966年にデビューしてから、おときさんのオリジナルアルバムとしては13枚目ぐらいの作品。自分の中で良く勘違いするのが、このアルバムに収録されている「酔いどれ女の流れ唄」と言う曲。詞曲ともに、みなみ らんぼうさん。一方何と勘違いするかと言うと東宝映画「居酒屋兆治」の主題歌にもなった「時代おくれの酒場」こちらは詞曲ともに加藤登紀子さん。この二つの曲、曲と題名がごっちゃになってしまうのです。しかし、なんとなくこの二つの曲、対になっているような感じがする。酒がある所って楽しいことばかりがある訳では無いと・・・・・・
E7901_9017_2 

レコードジャケットの下に写るプレーヤーの話は・・・・http://mya-ko3.cocolog-nifty.com/blog/2018/05/1900-7f0b.html

 

2018-08-15

北海道産 ミキプルーン 1パック 本体価格398円 ・・・・なんだこれ?

「中井貴一に似てません?」「似てません」・・・こんなCMをご覧になった方は多いと思われますが、改めてCMの出稿量が多いと言うことは、人の潜在意識にまで影響する・・・・と、思わせるような出来事が(ちょっと大げさ)。
市内にあるスーパーで北海道産 ミキプルーンがあった。といっても価格票?に書いてあるだけなのですが、中井貴一さんに似ている中井貴一さんが人力車に乗っている女性の話に「カリフォルニアですね」と言っているので、北海道産のミキプルーンは無いはずなのですが・・・・・これって価格票を作った人が、ものの見事に仁木町産のプルーンを語感からミキプルーンを連想してしまった結果となんでしょうかね?
このニキ(仁木)プルーンの事をネットで見てみると、やはりミキプルーンと話を絡めてブログに書かれている方が結構いらっしゃいました。ニキプルーンといわれてもミキプルーンを連想するのは宣伝の賜物、それとCM出演者のイメージなのでしょうか?。なるほど「ニキプルーン」はテレビの宣伝費がかかってないから398円なんだ!


E7901_9021

※仁木町は北海道内でも高評価の果物の産地です。

2018-08-05

まだ工事中の駅裏ロータリーは寂しげ

地方都市のJR駅舎。火災により消失した駅舎が2009年3月に複合駅舎として完成した。

しかし、この画像の撮影日は9月。駅舎と道路管理者が違うためか、まだロータリーを含めたこの場所は完成までにもう少し時間が必要のようだ。

D50_14498_2_2

ちなみに場所は・・・・・北緯 43度12分19.78秒/東経 141度45分36.23秒

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

無料ブログはココログ
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト

万華響へのLink

撮りためた花の画像です

  • _1151_d52_0285
    撮りためた花の画像です(平成27年11月2日更新)現在1130枚

boke & bure

  • 0979flmscn
    アルバム名の通り「ボケ」と「ブレ」の写真です。 最終更新日 平成23年7月8日現在 271枚

PC万華鏡別館

  • Rsckg19311g
    万華響の倉庫