« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月

2018-12-14

寒いのにファンヒーターが・・・・・

石油ファンヒーターを新調することにした。いままで使用していたファンヒーターが油漏れを起こしてしまった。外部の灯油タンクから来た灯油を燃焼室へ送るポンプのパッキンが劣化?して油漏れを起こしているよう。さすがに、このような状況は素人にはお手上げ状態、仮に直せたとしても火と油を使用する石油ストーブなのだから万が一を考えると新調したほうが絶対後悔することが無いと思われる。
近くのホームセンターに商品の在庫と設置工事依頼(吸排気管の工事)の確認をした。年末と急に寒くなったためか、工事は一週間ほど先になると言う。まだ12月なので冬真っ盛りと言うわけではないけれど、明日の最低気温はマイナス5度、最高気温はマイナス1度、さほど寒いわけではないのですが、やはりオイルヒーターだけというのは心もとない。そこで登場したのが昔使用していた小型のファンヒーター、これに1週間ほど頑張ってもらわなくてはならない。

Photo

ところでヤフオクを覗いたら、この大きいほうのファンヒーター¥16,000で落札されていた。この商品は製造終了から10年以上は過ぎてると思う。業者さんのアフターサービス用の部品とりなのだろうか?

訂正:ファンヒーターと書いているのですが・・・この石油ストーブはFF式といわれているものでした。
「FF」の略語は「forced flue」の頭文字から取られたもので。日本語では「強制給排気式」  ともいわれるそうです。燃焼のための吸気と燃焼後の排気を室外に排出するための煙突?が裏側に 設置されています。FF式はファンヒータの一種類ということ?                           

2018-12-07

橋桁の向こう

東京都千代田区にある昌平橋から総武線の高架下を撮影した。高架の橋げたの向こうは御茶ノ水聖橋で、その下に見えるのは地下鉄丸の内線のトンネルです。下を流れる川は、有名な?「神田川」です。低層の建物群が川のヘリにへばりつくように建っています。
ビリヤードで有名な淡路亭もこの低層建物群の中にあります。川のほうから建物の裏側を見ると3階建てのようですが建物の入り口は外堀通りに面していて通り側から見ると2階建てで淡路亭も玉台家具製作所 株式会社淡路亭の看板?も見ることが出来ます。
昔の神田川、このあたりを広重が「名所江戸百景」 昌平橋聖堂神田川として残しています。やはり浮世絵でも川のヘリに建物がありました。

E31_5283

場所は北緯 35度41分54秒 東経 139度46分07秒

反対側から見た画像は・・・http://mya-ko3.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/index.html

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

無料ブログはココログ
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

万華響へのLink

撮りためた花の画像です

  • _1151_d52_0285
    撮りためた花の画像です(平成27年11月2日更新)現在1130枚

boke & bure

  • 0979flmscn
    アルバム名の通り「ボケ」と「ブレ」の写真です。 最終更新日 平成23年7月8日現在 271枚

PC万華鏡別館

  • Rsckg19311g
    万華響の倉庫