« アナログ盤を聴いてみた・・・・ブルーベリー・ジャム | トップページ | 2018年11月 或る日に・・・・ »

2019-03-02

C1247 高崎機関区にて

昔、今で言うところの「鉄ちゃん」ですが余り深入りしてないので「もどき」です。まぁ男の子は動くもの、走る機械は興味の対象なので平凡ながら列車や機関車の写真を撮影していました。当時私の住んでいた地元では国鉄の電車は無く、蒸気機関車の引く列車かディーゼルエンジンを使用したディーゼルカー(気動車)でした。私鉄では定山渓鉄道が1969年まで電車を走らせていましたが、これも札幌から定山渓間をバスによる運行になりました。(一時、気動車による国鉄札幌駅に乗り入れをおこなっていた)

さて、今回の写真は北海道と関係ない群馬県高崎市にある高崎機関区で撮影したものです。「もどき」の私は「わざわざ」汽車を撮りに遠地に行ったのは2度しかないので、この高崎機関区は何かのついでに?撮影したものです。今では機関区内での撮影は事故防止や盗難防止のためできませんが、中学生くらいのころに遊びに行った機関区では注意された記憶がありません。というか一応事務所らしきところに「写真を撮りたいのですが」、と許諾をもらいにいくと手の空いている機関士さんが、蒸気機関車の運転席に座らせてくれたり構内を案内してくれることもあり、鉄道は単なる輸送手段以上に生活に溶け込んでいたのようにおもいます。

国鉄では動力近代化計画が、1960年(昭和35年)から実行に移されました。それに伴い電化やディゼル化による蒸気機関車の駆逐が始まりました。撮影当時(1970年頃)高崎機関区には火を落とした罐が何両もあったので、近代化は小型の蒸気機関車が活躍していた地方の路線にも、鉄道ファンからすると「魔の手」が及ぶことになってしまいました。このC1247は1934年にされ製造され1970年8月に廃車になるまで北関東を中心に活躍していたようです。

C1247_197008_3

余談:JR北海道では非電化区間で使用しているキハ40型の気動車の更新車両として電気式気動車「H100形」の導入を見送ったとの記事が出ていた。この電気式気動車はディーゼルエンジンで発電機を回して電気を作り、その電気でモータを回して動力にするというものだったのですが・・・・・JR北海道は在来のキハ40を、だましだまし使用することになりました。

 

参考にさせていただきました http://d51498.com/db/C12/C1247

 

« アナログ盤を聴いてみた・・・・ブルーベリー・ジャム | トップページ | 2018年11月 或る日に・・・・ »

写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アナログ盤を聴いてみた・・・・ブルーベリー・ジャム | トップページ | 2018年11月 或る日に・・・・ »

無料ブログはココログ
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

万華響へのLink

撮りためた花の画像です

  • _1151_d52_0285
    撮りためた花の画像です(平成27年11月2日更新)現在1130枚

boke & bure

  • 0979flmscn
    アルバム名の通り「ボケ」と「ブレ」の写真です。 最終更新日 平成23年7月8日現在 271枚

PC万華鏡別館

  • Rsckg19311g
    万華響の倉庫