携帯・デジカメ

2020-02-16

ある年の8月12日 新宿駅中央線ホーム

夏の強い日ざしと蒸し暑さをコントラストを、高めにとり表現してみました。この画像(写真)を説明するとこんな感じですが、まぁ素人写真なので出来栄えはお許しをいただくとして、このような有る場所を瞬間的に撮影する方法で、スナップ撮影、スナップ写真というのがあります。この手法は100年ほどの歴史がありキャンディットフォト(Candid Photo:率直な写真)ともいわれています。何が率直かといいますと、記念写真など撮影者が写る構図を考え被写体に指示を出したりしますが、スナップ撮影はあるがままの状態、つまり感じたままに撮影する方法となります。例としては女性や子供を撮影する際にポーズを決めて撮影するのはポートレート写真になりますが、カメラの存在を知らない人もしくは意識していない人を撮影者が良いと思った瞬間にシャッターボタンを押し撮影する、これがスナップ写真とかキャンディットフォトといわれる、撮影手法になります。

 

E3100_2552-s
2020年2月下旬、富士フィルムから新しいデジタルカメラが発売されます。このカメラの発売にあたり、富士フィルムは宣伝用プロモーション動画を作成しネット上で配信したのはいいのですが、早々に配信を止める事になりました。その理由を富士フィルムのサイトに配信停止についてと案内がされています。
-----視聴者の皆さまに不快感を与える動画が掲載されましたことを深くお詫び申し上げます。-----と、
(ちょっと軽い突っ込み、You Tubeでも見ることが出来ましたが、そもそも富士フィルムが動画作成を依頼し公表しているにも関わらず「動画が掲載されましたことを」・・・・・?なんとなく「動画を掲載したことを」のような気がするのですが。)
現在は削除されてしまいましたが、一時 YouTubeでも見ることが出来ました。通常ですとプロモーション動画は発売する商品の広告活動になり、商品の告知から購入動機のきっかけを作る手段としても用いられます。
実はYou Tubeでの視聴者コメントで一人の写真家の名前を知りました。ブルース・ギルデン アメリカの写真家です。彼の作品は道行く人の前に(突然)立ちはだかり至近距離で、手持ちのフラッシュを発光させてその人物を撮影するという、かなりインパクトの有る撮影スタイルを持つ著名な写真家です。(この撮影スタイルを含めた写真は、名前で検索をすると見ることが出来ます。)
富士フィルムが発売する新製品カメラのプローモーション動画は、さすがに手持ちフラッシュまでは登場しませんでしたが、道行く人の前に突然立ちはだかり、困惑する表情を撮影する写真家の作品作り?を動画撮影したものでした。
YouTubeにアップされていたこの動画に対する意見は、撮影直後の写真家の表情に対する、いささか誹謗中傷と思われるような書き込みもありましたが、盗撮ではないか?盗撮を助長しているのではないかというものも多かったように思えます。さすがにこのような書き込みをされたならば、今回のようなスナップ写真(またはストリートスナップ)という手法が、長い間認知されていたのにも関わらず、盗撮という許可を得ることなく撮影するという場合によっては犯罪行為に類する撮影手法と、同一視される恐れがあるものを、プロモーションで使用することは商品に対するマイナスイメージを与えるという結論に至ったようです。
ついでに「肖像権」を規定した法律は日本に無いですが、しかし権利として存在しているそうで不思議です。アメリカでは被写体となる人物の肖像権よりも写真の撮影者、編集者の権利が最優先だそうで、さすが自由を大事にしている?国だ。
私個人としては、撮影者自身が被写体をビックリさせる動機をつくり、その驚きを撮る。いささか悪趣味だと思う。

| | コメント (0)

2018-11-16

初冬、枯れの時

今年の初冬は、初雪の便りもまだ届かない。札幌の初雪がもっとも遅かったのは1890年11月20日だそうだ。11月21日に初雪があると観測史上一番の遅い初雪になる。
雪が降らないというのは、花壇の老いを隠すことができないと言うことだ。いつもなら枯れた草花が雪のなかに身を隠すのだけれども、今年は茶色の中にちらりほらりとまだ緑が顔を出している。なんだかこんな感じって今までにない景色かもしれない。盛りをとうに過ぎた景色も味わいがある。


Photo_4

以前11月の雪の話では、こんなことも書いていた。
http://mya-ko3.cocolog-nifty.com/blog/2015/11/post-e108.html

11月21日追記:ついに初雪!とビックリマークをつけても、そんなに大げさな問題ではないのですが去る11月20日午前0時50分頃霙(みぞれ)を観測し初雪がありました。その後雨に変わり札幌市内では積もることも無く朝を迎え、残念ながら「もっとも遅い初雪観測」にはならず歴代タイの結果でした。

| | コメント (0)

2018-09-13

夜のオフィス

夜のオフィスは怪しげでなんとなく秘密めいてる。
昼の賑わいは廊下の向こうに閉じ込められたかのよう・・・・・。

E951_0766_800x530

| | コメント (0)

2018-08-24

アナログ盤を聴いてみた・・・・・いく時代かがありまして

1900円で買ったプレーヤですが、おかげさまで順調に動作をしています。と、いうことで聴いたアナログ盤のお話。 今回、聞いたのは「おときさん」こと加藤登紀子さんの1975年に発売された「いく時代かがありまして」ポリドール MR5070。 

ネットでみると、1966年にデビューしてから、おときさんのオリジナルアルバムとしては13枚目ぐらいの作品。自分の中で良く勘違いするのが、このアルバムに収録されている「酔いどれ女の流れ唄」と言う曲。詞曲ともに、みなみ らんぼうさん。一方何と勘違いするかと言うと東宝映画「居酒屋兆治」の主題歌にもなった「時代おくれの酒場」こちらは詞曲ともに加藤登紀子さん。この二つの曲、曲と題名がごっちゃになってしまうのです。しかし、なんとなくこの二つの曲、対になっているような感じがする。酒がある所って楽しいことばかりがある訳では無いと・・・・・・
E7901_9017_2 

レコードジャケットの下に写るプレーヤーの話は・・・・http://mya-ko3.cocolog-nifty.com/blog/2018/05/1900-7f0b.html

 

| | コメント (0)

2018-08-15

北海道産 ミキプルーン 1パック 本体価格398円 ・・・・なんだこれ?

「中井貴一に似てません?」「似てません」・・・こんなCMをご覧になった方は多いと思われますが、改めてCMの出稿量が多いと言うことは、人の潜在意識にまで影響する・・・・と、思わせるような出来事が(ちょっと大げさ)。
市内にあるスーパーで北海道産 ミキプルーンがあった。といっても価格票?に書いてあるだけなのですが、中井貴一さんに似ている中井貴一さんが人力車に乗っている女性の話に「カリフォルニアですね」と言っているので、北海道産のミキプルーンは無いはずなのですが・・・・・これって価格票を作った人が、ものの見事に仁木町産のプルーンを語感からミキプルーンを連想してしまった結果となんでしょうかね?
このニキ(仁木)プルーンの事をネットで見てみると、やはりミキプルーンと話を絡めてブログに書かれている方が結構いらっしゃいました。ニキプルーンといわれてもミキプルーンを連想するのは宣伝の賜物、それとCM出演者のイメージなのでしょうか?。なるほど「ニキプルーン」はテレビの宣伝費がかかってないから398円なんだ!


E7901_9021

※仁木町は北海道内でも高評価の果物の産地です。

| | コメント (0)

2018-08-05

まだ工事中の駅裏ロータリーは寂しげ

地方都市のJR駅舎。火災により消失した駅舎が2009年3月に複合駅舎として完成した。

しかし、この画像の撮影日は9月。駅舎と道路管理者が違うためか、まだロータリーを含めたこの場所は完成までにもう少し時間が必要のようだ。

D50_14498_2_2

ちなみに場所は・・・・・北緯 43度12分19.78秒/東経 141度45分36.23秒

| | コメント (0)

2018-07-28

呉越同舟・・・・状態です

呉越同舟、ネットで言葉の意味を探すと「仲の悪いグループが同じ場所にいること」と言うようなことが書いてあった。
この二つの政党は、どうしてか分らないが犬猿の関係のようだ。たまたま、この私設掲示板に2つの政党のポスターが貼ってあった。まさに呉越同舟状態。

「力あわせ、未来ひらく」「希望が、ゆきわたる国へ」。括弧を外すと-力あわせ、未来をひらく 希望が、ゆきわたる国へ-
良くしようという思いは同じでも方向性が違うと言うことか・・・・。
「呉越同舟」には、いざと言うときには敵味方を超えて互いに助け合うことをいう。と、言う様な意味も有る。大丈夫かな??

D32_115_2519toriming


| | コメント (0)

2018-07-21

17時19分の歓楽街

日が長くなり、明るさが十分に残る17時19分の歓楽街。店の看板にも灯が入り客を待つ。
地方の中小都市は、大都市からの帰宅者が駅に到着するまで、喧騒の時間は今しばらくのおあずけなのかもしれない。

D50_14414




| | コメント (0)

2018-07-12

小田急 8000系

小田急の古い?ロマンスカーが定期列車の運行が終わったと言う記事が新聞に紹介された。
小田急のロマンスカーは通勤路線としても使用する新宿を出発し観光地の小田原、箱根湯本や御殿場へ走る特急列車
に使用されている優等車両。(小田原-箱根湯本間は箱根登山鉄道線に乗り入れ)今回話題になった7000形「LSE」と言う車両なのですが、1980年に運行を開始してから38年間運用されていました。

田急のロマンスカーにはこの「LSE」と言うような記号?が付いているのですが、今回ネットの記事を見てLuxury Super Expressの頭文字だと初めて知りました。初代のロマンスカーにはSEが付いていた。
今回初めて知った事がもう一つ「ロマンスカー」のいわれです、さすがネット時代というかwikiのおかげと言うか・・・初代のロマン
スカーが1957年(昭和32年)に生まれたとき2人掛けのシートを採用、当時映画館で設けられていたロマンスシート・・・今で言うところのカップル席。ロマンスシートを採用した車両から生まれた名称の様です。古くは京阪電気鉄道が1927年にロマンスカーという名称を使用していたと書いていました。(もちろんwiki)小田急では特急列車をロマンスカーという名称を使用しているようです。
残念ながら小田急のロマンスカーの画像がないので、一般の通勤車両で、1983年に運行を開始した8000系でお茶を濁
しています。

E7900_1971_bwrs_2

おまけで箱根登山鉄道の画像を(ピンが大あまだ)・・・箱根登山鉄道は小田原-箱根湯本-強羅間を運行(昭和40年代に撮影)

2


| | コメント (0)

2018-07-02

不思議な看板 ~歩道につき車両横断禁止~

不思議な看板を見た。「歩道につき車両横断禁止」と書かれている。
文面通りに解釈すると「ここは歩道だから車は横断してはいけません」になります。
まぁ、この文章だけだと、日本全国この条件に当てはまるところは結構あると思われますが、実際この場所ではどのように解釈して良いのか・・・悩むところです。

Photo

なぜかと言いますと・・・下の図?で、水色の矢印のところは歩道で矢印は人の流れる方向です。一方オレンジ色の矢印は駐車場に出入りする車の進む方向です。
この車道は中央分離帯があるため車道を突っ切って正面に有る道路には進めませんので駐車場を出た車は看板通り左折をすることになります。

オレンジ色の矢印の手前にある駐車場から車道(オレンジ色の矢印奥の方向)に出る場合には、どうしても歩道を横断しなければ車道に出ることは出来ません。・・・と、思うのですが!
2_2

車道に出るのにはどうしたらいいのか、悩んでいた私に天の啓示がありました「縦断しなさい」 これは冗談ですが、ちょっと理解に苦しむ看板でした。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧