音楽

2018-10-11

アナログ盤を聴いてみた・・・・寺内貫太郎一家

今日の試聴したアナログ盤は1974年に放送されていたTBSのテレビドラマ「寺内貫太郎一家」のサントラ?です。?(はてな)付きなのは、このアルバムの発売は1975年なので1974年の放送には使われていない?といっても1974年に録音されて1975年に発売と言うことも考えられるし、少しだけ悩む。このドラマには寺内きん役で、悠木千帆さん(故樹木希林さん)が出ていて「ジュリー」と沢田研二のポスターの前で絶叫悶絶?していたのも話題になっていた。でジュリーこと沢田研二さんも1975年には同じTBSのドラマ「悪魔のようなあいつ」で主役を演じていた。ドラマに使用された音楽がこのLPでカップリングされている。このドラマの主題曲の歌唱版「時のすぎゆくまま」も彼の歌でレコードが出ていた。
この2つのドラマのサントラを演奏しているのは井上堯之バンド。井上バンドといば「太陽にほえろ」かな(作曲・大野克夫)?BSのギターリストが出ている番組で、「太陽にほえろ」テーマ曲で頭のギターのフレーズ、コードのカッティングを演奏して井上さん「あれ俺だよ」といって笑いを取っていた。

Dscn9247

昔はそれなりにテレビで日本のドラマも見ていたのですが、最近はもっぱらdlifeを見ている。このチャンネルで放送されていた外国番組の日本版?が最近、制作されている。なんでだろう一度見たんですが・・・・次を見ようと思わなかった。付け焼き刃でドラマを作っても魅力が無かった。(個人的感想)

話はもどってこのアルバム一度はCD化されていたのですが・・・手に入らない。ヤフオクでも高額だった。メーカーさんCD再発してください。(個人的願望)

2018-08-24

アナログ盤を聴いてみた・・・・・いく時代かがありまして

1900円で買ったプレーヤですが、おかげさまで順調に動作をしています。と、いうことで聴いたアナログ盤のお話。 今回、聞いたのは「おときさん」こと加藤登紀子さんの1975年に発売された「いく時代かがありまして」ポリドール MR5070。 

ネットでみると、1966年にデビューしてから、おときさんのオリジナルアルバムとしては13枚目ぐらいの作品。自分の中で良く勘違いするのが、このアルバムに収録されている「酔いどれ女の流れ唄」と言う曲。詞曲ともに、みなみ らんぼうさん。一方何と勘違いするかと言うと東宝映画「居酒屋兆治」の主題歌にもなった「時代おくれの酒場」こちらは詞曲ともに加藤登紀子さん。この二つの曲、曲と題名がごっちゃになってしまうのです。しかし、なんとなくこの二つの曲、対になっているような感じがする。酒がある所って楽しいことばかりがある訳では無いと・・・・・・
E7901_9017_2 

レコードジャケットの下に写るプレーヤーの話は・・・・http://mya-ko3.cocolog-nifty.com/blog/2018/05/1900-7f0b.html

 

2018-05-04

レコードプレーヤーを買った ¥1,900+税

何十年ぶりかで我が家でアナログレコードを再生した。表題の通りアナログのレコードプレーヤーを手に入れたおかげです。購入代金は驚きの1,900円 もちろん新品の訳が無いのですが、リユース品の販売店の担当者に動作品かどうかを確認の上の購入。不具合があれば販売価格で引き取るという条件付。
購入後のプレーヤーの状態というと若干回転が遅いかも・・・・ストロボで分るぐらいなので、とりあえず聞ければいいかと我慢、それと何十年ぶりかで聞くレコードなので本当のところ元がどんなだったかも覚えていないので・・・・・まあ~いいか。

Record_player_2

物は日立で Direct Drive AutoPlayer HT-352

 

今では想像できませんが日立もLo-Dのブランド?でオーディオ関連の商品出していました。スピーカーでHS-500だったかなJBL好きの私でも”いい音している”と、思った数少ないスピーカーでした。

 

さて、これで再生した最初のレコードはというと1976年にPolydorから発売されたSOJI SHIMADA『LONELY MEN』。42年前に録音された作品です。

E7901_4824
いささかマニアックな作品ですが、記憶に残っている曲もあり、ちょっとビックリしました。

追記:手元にある三十数枚のアナログレコードをネタにブログがかけるかも・・・・

追記その2:人の接し方には色々有ると思うのですが、私のちょっとした経験で書くと、こんな事がありました。

 このプレーヤーを、レジ近くにいたお店の女性に「あそこに有るレコードプレーヤは動作品ですか?」と、質問したところ「ムッ!!」とした表情で「担当者を呼びます!!」と商品の事をよく知る、白髪で細身の男性の担当者の方に連絡。その男性の方の話を聴き結果購入したのですが、そのムッとした女性のその後の対応が、嬉しかったです。

 

 その商品・・・レコードプレーヤーなのですが梱包に際して。私に「お車ですか?」の質問!。その質問に「バスです」と答えたら、手持ちで帰れるようにきちんと梱包してくれました。商品の価格が、たいした価格でもないと思うので、利益だけを考えたら「もしかしたらマイナス」かもと思うのですが、お店の姿勢が感じられて信用できる!!!と、思いました。ありがとうございます!!!!。

2018-04-25

コニーとジャンゴを買った

 CDを買った。コニーとジャンゴの2つ・・・・・コニーとは50年代後半から60年代にかけてヒットを飛ばしていたアメリカの女性シンガーのコニー フランシスで、私が思うには「泣き」の入った声質はちょっとドキッとさせる。1938年生まれなので、いろいろと昔の音楽界の話が聞いてみたい年齢だ。
 
 一方、ジャンゴはフランスのギターリストでジャンゴ ラインハルト。チョット小粋な感じの映画を作るウディアレンの「ギター弾きの恋」で、世界で二番目に天才ギタリストだと信じているエメット・レイが憧れるギターリストが、このジャンゴ ラインハルト。私は、この映画でジャンゴ ランハルトの名を知った。
 彼の演奏は、いつかどこかで耳にしたような気がする演奏だったので、すぐにヤフオクで検索をしたら、このCDセットがヒットした。1910年生まれの彼は1953年43歳の若さで亡くなっている。

Photo

 この2つのCD-SET(CD Box)はそれぞれ10枚組なのです。古い私は「10枚組でこの値段!!」と、不純な動機を持ちつつ喜び勇んで買ったのは、疑いようの無い事実です。?なんとコニーは送料込みで1,410円で、それも海外から航空便での価格なのです。ジャンゴのほうは送料込みで960円だったか・・・。お小遣いの少ない私には店・・・違った天からの恵みです。

 なんでこの値段? 実は箱の裏を、見ると安い仕掛けが印刷されていました。

Cd_10_set_ura

 分りますか?右下の隅に「DOCUMENTS」の文字が・・・・拡大したのが下の画像です。

Documents2

 ご丁寧に、ジャンゴの方にはカタカナでも表記されています。きっと古い作品なので音楽としての権利が切れて安くなってる?のかも知れません。

 

 次は、ドリス・デーかカテリーナ・ヴァレンテに現を抜かそうか・・・・などと考えています。

 

追記:箱の裏に「LC12281」の表記、yahooの画像検索にLC12281を入力してみたら色々なものが出てきた ビックリ!!

無料ブログはココログ
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト

万華響へのLink

撮りためた花の画像です

  • _1151_d52_0285
    撮りためた花の画像です(平成27年11月2日更新)現在1130枚

boke & bure

  • 0979flmscn
    アルバム名の通り「ボケ」と「ブレ」の写真です。 最終更新日 平成23年7月8日現在 271枚

PC万華鏡別館

  • Rsckg19311g
    万華響の倉庫