写真

2020-02-16

ある年の8月12日 新宿駅中央線ホーム

夏の強い日ざしと蒸し暑さをコントラストを、高めにとり表現してみました。この画像(写真)を説明するとこんな感じですが、まぁ素人写真なので出来栄えはお許しをいただくとして、このような有る場所を瞬間的に撮影する方法で、スナップ撮影、スナップ写真というのがあります。この手法は100年ほどの歴史がありキャンディットフォト(Candid Photo:率直な写真)ともいわれています。何が率直かといいますと、記念写真など撮影者が写る構図を考え被写体に指示を出したりしますが、スナップ撮影はあるがままの状態、つまり感じたままに撮影する方法となります。例としては女性や子供を撮影する際にポーズを決めて撮影するのはポートレート写真になりますが、カメラの存在を知らない人もしくは意識していない人を撮影者が良いと思った瞬間にシャッターボタンを押し撮影する、これがスナップ写真とかキャンディットフォトといわれる、撮影手法になります。

 

E3100_2552-s
2020年2月下旬、富士フィルムから新しいデジタルカメラが発売されます。このカメラの発売にあたり、富士フィルムは宣伝用プロモーション動画を作成しネット上で配信したのはいいのですが、早々に配信を止める事になりました。その理由を富士フィルムのサイトに配信停止についてと案内がされています。
-----視聴者の皆さまに不快感を与える動画が掲載されましたことを深くお詫び申し上げます。-----と、
(ちょっと軽い突っ込み、You Tubeでも見ることが出来ましたが、そもそも富士フィルムが動画作成を依頼し公表しているにも関わらず「動画が掲載されましたことを」・・・・・?なんとなく「動画を掲載したことを」のような気がするのですが。)
現在は削除されてしまいましたが、一時 YouTubeでも見ることが出来ました。通常ですとプロモーション動画は発売する商品の広告活動になり、商品の告知から購入動機のきっかけを作る手段としても用いられます。
実はYou Tubeでの視聴者コメントで一人の写真家の名前を知りました。ブルース・ギルデン アメリカの写真家です。彼の作品は道行く人の前に(突然)立ちはだかり至近距離で、手持ちのフラッシュを発光させてその人物を撮影するという、かなりインパクトの有る撮影スタイルを持つ著名な写真家です。(この撮影スタイルを含めた写真は、名前で検索をすると見ることが出来ます。)
富士フィルムが発売する新製品カメラのプローモーション動画は、さすがに手持ちフラッシュまでは登場しませんでしたが、道行く人の前に突然立ちはだかり、困惑する表情を撮影する写真家の作品作り?を動画撮影したものでした。
YouTubeにアップされていたこの動画に対する意見は、撮影直後の写真家の表情に対する、いささか誹謗中傷と思われるような書き込みもありましたが、盗撮ではないか?盗撮を助長しているのではないかというものも多かったように思えます。さすがにこのような書き込みをされたならば、今回のようなスナップ写真(またはストリートスナップ)という手法が、長い間認知されていたのにも関わらず、盗撮という許可を得ることなく撮影するという場合によっては犯罪行為に類する撮影手法と、同一視される恐れがあるものを、プロモーションで使用することは商品に対するマイナスイメージを与えるという結論に至ったようです。
ついでに「肖像権」を規定した法律は日本に無いですが、しかし権利として存在しているそうで不思議です。アメリカでは被写体となる人物の肖像権よりも写真の撮影者、編集者の権利が最優先だそうで、さすが自由を大事にしている?国だ。
私個人としては、撮影者自身が被写体をビックリさせる動機をつくり、その驚きを撮る。いささか悪趣味だと思う。

| | コメント (0)

2019-12-11

鹿が入ります

E7902_0224

 

北海道の歌志内市にある共同住宅の入り口の張り紙が目に止まった。
撮影したのが11月末、冬は圧雪した雪がすべるので大きな字で注意書きされている。
建物の表玄関なので、開けっ放しになっていると雨や風が入ってくる。当然北海道なので冬は、雪も吹き込んでくる。

この注意書きで面白いのが、戸が開いていると雨、風、雪、鹿が入りますと書かれている。
歌志内は山間にある、当然そこには熊もいるし鹿もいる、そのようなところなのでこの張り紙の案内になったのだろう。

Photo_20191211022701

 

さすがに田舎の熊、人間の住むところには来ないようだけれども、札幌あたりの熊は、都会なれしていて住宅地にやってくる。

歌志内には「ちろるの湯」という観光施設?(宿泊施設)がある、以前宿泊したさいに目撃?した鹿です。数頭の鹿がいたのですがカメラを準備している最中に一頭だけになってしまった。

誰かが「ジビエ料理の材料だ」と、言っていた。
 

Photo_20191211120301

| | コメント (0)

2019-10-06

夏の路地は何故か懐かしい

D50_04076

夏の路地はなぜ懐かしいのだろう。
昔々、似たような路地を駆け抜けていたせいだろうか・・・・・

 

| | コメント (0)

2019-07-01

業務用自転車?

なにか不思議な自転車に思える。なぜかというとヘッドチューブとトップチューブを繋ぐパイプはなんとなくデコレーションされているようで、荷台は大きく沢山の荷物が乗せることが出来そうだし前輪を挟むフォーク状の上の部分も何やら加工されている。また車体のフレーム自体優雅?な曲線を持っている。車輪は太めで重量物を運んでも大丈夫そうだ。
この自転車を見たのは世田谷区のお洒落な街になった二子玉川近くの土手。時は2002年くらい、まだこの時代は二子玉川もこんな業務用?自転車が走っていたのだろうか?

 

3

| | コメント (0)

2019-06-01

2018年11月 或る日に・・・・

コンパクトデジカメで撮影したカラー画像をモノクロにしてちょい昔風に、アナログ回帰。
この年の11月は暖かくまだ雪が降っていなかった(と、思う)碧い空に浮かぶ雲は、まだ雪雲を連想するには穏やかな感じで11月ということを感じさせない。

201811-80pcent

| | コメント (0)

2019-03-02

C1247 高崎機関区にて

昔、今で言うところの「鉄ちゃん」ですが余り深入りしてないので「もどき」です。まぁ男の子は動くもの、走る機械は興味の対象なので平凡ながら列車や機関車の写真を撮影していました。当時私の住んでいた地元では国鉄の電車は無く、蒸気機関車の引く列車かディーゼルエンジンを使用したディーゼルカー(気動車)でした。私鉄では定山渓鉄道が1969年まで電車を走らせていましたが、これも札幌から定山渓間をバスによる運行になりました。(一時、気動車による国鉄札幌駅に乗り入れをおこなっていた)

さて、今回の写真は北海道と関係ない群馬県高崎市にある高崎機関区で撮影したものです。「もどき」の私は「わざわざ」汽車を撮りに遠地に行ったのは2度しかないので、この高崎機関区は何かのついでに?撮影したものです。今では機関区内での撮影は事故防止や盗難防止のためできませんが、中学生くらいのころに遊びに行った機関区では注意された記憶がありません。というか一応事務所らしきところに「写真を撮りたいのですが」、と許諾をもらいにいくと手の空いている機関士さんが、蒸気機関車の運転席に座らせてくれたり構内を案内してくれることもあり、鉄道は単なる輸送手段以上に生活に溶け込んでいたのようにおもいます。

国鉄では動力近代化計画が、1960年(昭和35年)から実行に移されました。それに伴い電化やディゼル化による蒸気機関車の駆逐が始まりました。撮影当時(1970年頃)高崎機関区には火を落とした罐が何両もあったので、近代化は小型の蒸気機関車が活躍していた地方の路線にも、鉄道ファンからすると「魔の手」が及ぶことになってしまいました。このC1247は1934年にされ製造され1970年8月に廃車になるまで北関東を中心に活躍していたようです。

C1247_197008_3

余談:JR北海道では非電化区間で使用しているキハ40型の気動車の更新車両として電気式気動車「H100形」の導入を見送ったとの記事が出ていた。この電気式気動車はディーゼルエンジンで発電機を回して電気を作り、その電気でモータを回して動力にするというものだったのですが・・・・・JR北海道は在来のキハ40を、だましだまし使用することになりました。

 

参考にさせていただきました http://d51498.com/db/C12/C1247

 

| | コメント (0)

2019-01-02

丸井さんの屋上から三越をみる~昭和40年代前半?の風景~

今は屋上が開放されていなけれど、昔は屋上に出ることが出来た現丸井今井デパート旧館の屋上より西のほうを見た写真です。
手前の煙突は、多分池内の建物か?左側の建物の屋上には、北海道放送の看板が。HBCのH.P.で沿革を見ると昭和34年にHBC会館が竣工しているので、この場所から放送していたかは不明だけれども、多分スタジオがあった様な記憶が・・・・。この建物には1-2階?が大丸藤井、昭和の終わり頃にはこの2階にはラーメンの三平があった(wikiで調べると4階で営業しているようだ)その西側の隣は富貴堂で書籍、文房具2階には楽器売り場があった。この写真には写っていないが富貴堂の横にはロバパン、茶房十字街があった。
東芝テレビの広告塔の下はレコード店「音の岩泉」だったかと。この「音の岩泉」は現在もCD、DVDの卸店として存続している。

0008606_ok

関連する画像はこちら
http://mya-ko3.cocolog-nifty.com/blog/2018/04/post-636b.html
http://mya-ko3.cocolog-nifty.com/blog/2008/10/post-7c86.html

昭和の次、平成もあと少しで終わり。この画像も50年位前に撮影したことを考えると、今デジカメで撮影した画像を50年後誰が見てくれるのだろう?

| | コメント (0)

2018-12-14

寒いのにファンヒーターが・・・・・

石油ファンヒーターを新調することにした。いままで使用していたファンヒーターが油漏れを起こしてしまった。外部の灯油タンクから来た灯油を燃焼室へ送るポンプのパッキンが劣化?して油漏れを起こしているよう。さすがに、このような状況は素人にはお手上げ状態、仮に直せたとしても火と油を使用する石油ストーブなのだから万が一を考えると新調したほうが絶対後悔することが無いと思われる。
近くのホームセンターに商品の在庫と設置工事依頼(吸排気管の工事)の確認をした。年末と急に寒くなったためか、工事は一週間ほど先になると言う。まだ12月なので冬真っ盛りと言うわけではないけれど、明日の最低気温はマイナス5度、最高気温はマイナス1度、さほど寒いわけではないのですが、やはりオイルヒーターだけというのは心もとない。そこで登場したのが昔使用していた小型のファンヒーター、これに1週間ほど頑張ってもらわなくてはならない。

Photo

ところでヤフオクを覗いたら、この大きいほうのファンヒーター¥16,000で落札されていた。この商品は製造終了から10年以上は過ぎてると思う。業者さんのアフターサービス用の部品とりなのだろうか?

訂正:ファンヒーターと書いているのですが・・・この石油ストーブはFF式といわれているものでした。
「FF」の略語は「forced flue」の頭文字から取られたもので。日本語では「強制給排気式」  ともいわれるそうです。燃焼のための吸気と燃焼後の排気を室外に排出するための煙突?が裏側に 設置されています。FF式はファンヒータの一種類ということ?                           

| | コメント (0)

2018-12-07

橋桁の向こう

東京都千代田区にある昌平橋から総武線の高架下を撮影した。高架の橋げたの向こうは御茶ノ水聖橋で、その下に見えるのは地下鉄丸の内線のトンネルです。下を流れる川は、有名な?「神田川」です。低層の建物群が川のヘリにへばりつくように建っています。
ビリヤードで有名な淡路亭もこの低層建物群の中にあります。川のほうから建物の裏側を見ると3階建てのようですが建物の入り口は外堀通りに面していて通り側から見ると2階建てで淡路亭も玉台家具製作所 株式会社淡路亭の看板?も見ることが出来ます。
昔の神田川、このあたりを広重が「名所江戸百景」 昌平橋聖堂神田川として残しています。やはり浮世絵でも川のヘリに建物がありました。

E31_5283

場所は北緯 35度41分54秒 東経 139度46分07秒

反対側から見た画像は・・・http://mya-ko3.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/index.html

| | コメント (0)

2018-11-02

晩夏、小樽

一応、撮影したところが小樽だったためタイトルに「小樽」を入れましたが、この画像だったらどこの地名を入れても問題ななさそう、例えば「ユジノサハリンスク夏の終わり」でも分からない?
この画像、色調をかなりいじっています。ちょっとくどい色合いかも・・・。

D53_5195

記事を投稿後。グーグルアースで場所探しをしたのですが、具体的ば位置がはっきりしなかった。前後の画像でおおよその場所が分かりました。それはここら当たりです。(あくまでもここら当たりです)

北緯 43度11分35.95秒
東経 140度59分57.07秒

| | コメント (0)

より以前の記事一覧